痩せたい?引き締まりたい?

この2つを同時にするのは意外に難しい事なんです。

痩せるとは体重を落としサイズを落として行く事ですよね?

“締まりたい”とは筋肉を付けて、張りのある引き締まった身体を創ります。

体重を落とす為には摂取エネルギーを減らす必要があります。身体は今あるエネルギーを温存する為に必死になり、それに対応させようと変化して行きます。いわゆる燃えない身体創りをしていきます。

逆に筋肉を付ける為にはエネルギー摂取は欠かせません。しっかり体重を支えて動く為にエネルギーが必要になり、必要な栄養を与える事で筋肉を創り、余分な脂肪を燃やして行きます。身体は燃焼する事を覚え、それが続けば燃焼する事を得意としていきます。

痩せる身体はマラソンに例えると分かりやすいかもしれません。毎日10kmを走っていると、持久力や心肺機能が強化されます。忍耐力が強くなると同時に身体は今ある栄養で出来るだけ長く走れるようにと身体を変化させて行きます。

体内にエネルギーがなくなると、コルチゾールというホルモンが分泌され、自分の筋肉をエネルギーに変え分解していきます。筋肉が減れば体重も減りますが、見た目に張りが無くなり身体を燃焼する力も衰えていきます。 私が昔、1日500カロリーの摂取で毎日3時間ウォーキングをしても痩せなかったのは、逆に痩せにくい身体を自分で創っていたからなんです。

筋肉を付けると、筋肉は脂肪よりも重みがあるので体重が増えます。それを太ったと思うか、筋肉が付いたと理解するかは、自分の行動と理解力が必要になると思います。

私の場合は太ももの裏に分厚いセルライトがあったんですが、体重を10kg痩せたときでも分厚いままだったのが、筋トレをして毎年セルライトが薄く、目立たなくなっていくのがわかります。

筋トレをして、張りのある身体づくりは体重が増える事もあります。一時的に(1年位)張り続ける事もあります。それは、それだけ外側の脂肪が分厚いという事です。実際に私が太もも周りの脂肪が減ってきたと感じるまでに1年半はかかったからです。

でも、なぜ続けられたかと言うと、先に膝上の肉がスッキリしたり、お尻がプリッと出来たり、首が長くなったかのようにスッキリしたりと他にも素敵な効果が沢山あったからです。

私は自分のボディチェックを動画でしています。写真では動いた時の自分の身体が分からないからです。セルフィーモードにして全身見える位置に携帯をセットし、ポーズをするのではなく日常的に動いてる自分を見ます。歩き方や立体感など、写真だけでは自分の変化を見ることが出来ないからです。

毎日の自分の変化に気づく事、些細な上達を素直に受け止める事。そして自分を沢山褒めて甘やかして上げる事。これは皆さんを内側から美しく輝かせてくれるはず!体重計表は削除して沢山自分を観てね💕👌

IMG_2066 2.jpg