Anti-Aging(アンチエイジング)

Anti-Aging(アンチエイジング)

ボトックスやアイクリームなど、アンチエイジングにお金を費やしてないですか??
実は私も1万円くらいの化粧品を買い続けていたんです。というのも10年以上も前の事ですが。

私は生まれつき血行が悪く、肌も血管がうっすら見えて黄緑肌をしてました。顔に大きなアザのようなシミがあり、思春期の頃そのシミが、ドンドン濃くなってしまい、毎日コンシーラーとパウダーファンデーションをして隠していました。

私の場合はエイジングで出来たシミではないですが、ホルモンバランスの影響や乾燥など、原因はほとんど同じなんです。

そのシミが今も名残はありますが、顔全体が明るくなり、目の周りのくすみなどが消えて気にならなくなったのもエクササイズと食事改善をしてからです。

今日は皆さんに私のオススメの身近なアンチエイジング食品を4つシェアしたいと思います。一つの食品にこだわるのではなく、栄養に良いものをバランスよく普段の生活にプラスする事をオススメします。


Shiso(大葉)
お刺身の横に添えてある大葉(しそ)、飾りと思って残してないですか?大葉には強い殺菌効果があります。お刺身と一緒に食べる事で食中毒を防げると同時に切ったお刺身に添える事で菌から守ってくれています。大葉には豊富なビタミンとミネラルが入っていて、美肌を保つ効果が沢山あります。その中のモリブデンというミネラルには鉄の働きを促進する効果があるので貧血の方にもオススメです。私は納豆や鶏肉などと一緒に大葉を食べています。
(ビタミンA,E,K,C, βカロテン, 葉酸,モリブデン)


Soy milk(豆乳)
大豆製品のなかでも1番大好きな豆乳!実は私は手作りで豆乳を作るくらい豆乳が大好きなんです。豆乳のアンチエイジング効果は皆さんもご存知のように大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た構造のポリフェノールがホルモンバランスが崩くれがちな女性の味方をしてくれます。ビタミンCが豊富な食品と合わせる事で豆乳に含まれるタンパク質のコラーゲンの生成を促進し、綺麗で水々しい美肌がキープ出来ます。私は仕事が忙しいときなどは、豆乳と青汁のセットを飲むようにしています。
(ビタミンK, 葉酸, 鉄,大豆イソフラボン)


Cacao(カカオ)
最近、私が1番注目しているアンチエイジング食品がカカオです。今年の始め頃、初めてカカオ豆からチョコレートを作る機会がありました。その時に、カカオ豆の殻を剥きながら香ばしいカカオニブをつまんでいると、なんだかホワホワ幸せな気分になってくるのに気づきました笑。その後、その幸せ気分が気になり効果を調べてみるとカカオには沢山の健康効果があったんです。豊富な食物繊維で腸内環境をキレイにしてくれたり、アナンダミドという物質がセロトニンと同じような幸せな気分をもたらし痛みなどを和らげる効果があります。チョコレートで食べる時はカカオ70%以上がオススメです。
(食物繊維,カカオポリフェノール,オメガ6脂肪酸)


Apple(りんご)
昔からりんごは医者いらずというように、リンゴにはバランス良くたくさんの栄養が含まれています。
私がオススメしたいのはリンゴを含めたフルーツ全般的な食べ方です。皆さん、リンゴはいつ食べていますか?食後?おやつ?リンゴを食べる時は必ず、お腹が空腹の時にしてください。食後は胃や腸内は消化作業で大忙しです。その上にリンゴがやってくるとリンゴの消化作業が始まるのは数時間後になります。消化が遅ければ遅いだけ腐敗し始め、消化しきれなかったものは腸内から内臓脂肪へと移っていきます。摂取する1番のタイミングは朝です。朝は身体が排出作業を行っているので消化の負担にならないリンゴやフルーツがオススメです。腸内環境をキレイにして身体の内側からアンチエイジングしましょう!
(ビタミンC, カリウム, ペクチン, リンゴポリフェノール)

オススメした4つ共に、抗酸化作用があり、ストレスや疲れなどからくる活性酸素を除去する効果があります。身近なものから食事に取り入れ、キレイに素敵に歳を重ねましょう!